Welcome Guest 
メニュー
トップ  >  新着情報  >  人権教育講演会を行いました 「生きる意味がわかるまで生き続けてほしい」

12月11日()人権講演会を行いました。本校では、人権教育推進計画に基づき、課題を設定し、外部の方を講師に迎えての講演会を開催しています。今回は全学年対象に「生命の教育研究所」代表の出口 勤先生より、「生きる」という演題で講演を聴かせていただきました。


先生は「挨拶の大切さ=相手の存在を認めること」からお話をいただき、「人権とは何か・いのち 安心」「なぜ学校があるのか」「なぜ久居高校に通っているか」等、パワーポイントを利用し、生徒の皆さんに問いかける形で進められ、「自分を大事にしないと他人を大事にできない。自分を信じられないと他人を信じられない。自分を好きでないと他人を好きになれない」等印象に残る「言葉」をいくつも残してくれました。そして、「生きる意味がわかるまで生き続けてほしい」と結ばれました。


 その講演を受け、生徒の皆さんは、その後のLHRで講演の感想をワークシートに記入し、グループ討論の中で、「「生きる」意味について」・「言葉の使い方」・「いじめ」等心に残る内容についてお互い意見を出し合いました。そして話し合った内容をまとめ、ワークシートに記入しました。皆さん熱心に取り組んでいました。このような学習を通して、人としてより成長していってほしいと思います。


  


前
演劇部の自主公演と他の部活動状況
カテゴリートップ
新着情報
次
「なるには講座」(1年生対象進路ガイダンス)を行いました

Copyright (C) 2009 Hisai high school. All Rights Reserved.