Welcome Guest 
メニュー
トップ  >  新着情報  >  学年別百人一首大会を開催しました・・1年1月16日 ・2年1月9日

本校では、ロングホームルームの時間に、学年行事として「レクリエーション」の時間を時折設けています。「クラス団結」のみならず「学年団結」に結びつくためです。3学期は先日、図書部の「新春カルタ会」の様子を紹介しましたが、今年は、1・2年生とも「百人一首大会」を開催しました。


 2年生は、クラスごとに出席番号順で班をつくり(1組から7組まで出席番号をもとに、でき限り同じクラスの生徒が同じ班にならないように班分けをする)主任の先生が読み手となり、上位者が校長より表彰されました。札による「お年玉賞」もありました。


 1年生は、各クラスを6、7班に分けました。一班6人程。その班が他のクラスの班と対戦する。(例として1組のA班が2組のD班と対戦)する形式で、学年主任の先生が読み手となり、クラス対抗戦(クラスで取った札の枚数)で競いました。取った札による「ラッキー賞」もありました。


 両学年とも、真剣にかつ楽しく取り組んでいました。その様子を紹介します。


 


                1月9日(水)2年生


 


                 1月16日(水)1年生


(余談)


 「百人一首」は勉強にも役立ちます。ある予備校の先生の言葉(一部抜粋)です「古文の勉強のスタートラインとして百人一首は有効である。現代文と違い、とっつきにくいと思う人も多い。勉強のきっかけをつかむために百人一首をやるのは良いと思う。知識として必要な作品の作者・知識として押さえておきたい当時の生活環境などがわかるヒントがたくさん登場する。ちなみに、和歌を勉強していると枕詞や助動詞・助詞の使い方を学ぶことができる。知識がある程度ついてから一読してみると、より文法が自分のものになると思う。」


 「百人一首」をすることで、当時の人々の生活などを想像してみましょう。そこから得るものがあるかもしれません。日々の生活に彩りを添える何かをつかむことができるかもしれません。

前
図書部「新春カルタ会(百人一首大会)」を行いました・・「ちはやふる」の世界へ
カテゴリートップ
新着情報
次
ありがとう吉田沙保里先輩・・懸垂幕を掲示しました

Copyright (C) 2009 Hisai high school. All Rights Reserved.