Welcome Guest 
メニュー
トップ  >  新着情報  >  2年生 主権者教育の一環として「租税教室」を行いました

 現3年生は、まだ覚えているかもしれません。一昨年、主権者教育の中で「模擬投票」を行いました。(本年度は、論点を絞って行いました→http://hisai-h.jp/modules/pico/index.php/content0289.html)その時は、学校の環境を良くするために、夢のような公約をたくさん掲げるK候補と、「具体的に〇〇という点を良くします。ただ、そのためには、お金がかかります。それは、皆さんからの税金でまかないます」と主張したA候補の一騎打ちとなりました。結果、K候補が僅差で当選しました。K候補は当選演説の中で「私は、当選するために、みなさんにとって良いことばかりをあげました。ただ、財源については触れませんでした。なぜなら、触れると膨大なお金がかかり、みなさんからたくさんのお金を集めなければならないためです。このように、選挙に臨む際には、誰もが公約を掲げますが、それを実現するためにはどれだけの費用がかかるか?この公約は実現可能なのか?それを考えることも主権者として、大切な事ですよ」と訴えてくれました。


 今年の2年生は、「財政状況について社会の状況を把握し納税者としての知識を学ぶ」ことを目的に、2月13日(水)に主権者教育(政治的教養を育む教育)の一環として「租税教室」を開催しました。講師として津税務署より柴山税務広報広聴官を迎え、講演していただきました。「税金は、私たちが健康で文化的な生活を送るための会費」・「社会の会費である税とそのゆくえ〜支え合いにより成り立っている社会〜」等「税のゆくえ」や「税金の種類」など税金について様々な事を学ぶことができました。その様子を紹介します。


 


前
ダンス部が「バレンタインライブ」を行いました
カテゴリートップ
新着情報
次
2年生「なります」講座を実施しました

Copyright (C) 2009 Hisai high school. All Rights Reserved.